選ばれる理由

  • TOP
  • 選ばれる理由

タキナミは、福井県で地域密着90年以上の実績で、
施工力に絶対的な自信があります。

タキナミのリフォームの特徴

  • 安心の定額制

    お住まいの広さ(床面積)によって
    価格が決まります。(標準工事)

    住まいの広さ(床面積)で価格がわかる「定額制」システムです。標準工事に、外装・内装・水まわりまですべて含まれていますので、お客様のご要望による工事の変更・追加が無い限り費用は変わりません。また不要な工事は内容に応じて減額しますので無駄がありません。どなたでも「フルリフォーム」の費用が分かります。

  • 住みながら工事可能

    大掛かりなリフォームでも住みながら
    工事できる場合もあります。

    部屋毎や1・2階に分けて工事することができます。ただし水回り等の工事では、数日間キッチンやお風呂が使えないことがあり、不便なことはでてきますので、考慮しておく必要はあります。

  • スピード工期

    工期は建て替えの場合の半分以下

    既存の基礎や柱を生かすため、解体工事や基礎・躯体工事が不要なので、短い期間で工事が可能です。さらに、効率のいい施工方法を実施することでスピーディーなリフォームを実現しています。

  • 現状調査

    経験豊富な担当者がお住まいを調査

    現状調査で、住まいの構造・劣化状況・基礎の状態やシロアリ被害の有無などを細かくチェック。住まいの現場をしっかり把握します。(この調査の結果により、オプションの耐震補強工事や防腐処理などをおすすめする場合もあります)

  • 新築のように一新

    外装・内装・水まわり設備まで
    すべて新しく

    最新・高機能の水まわり設備やデザイン性の高い建材をパッケージ。内装材は、床や室内扉、クローゼットを統一したカラーコーディネートが可能で、美しい住まいを実現します

  • 高い技術力と施工力

    リフォームのプロが高い技術力で
    適切に施工

    住まいづくりに関する幅広い知識と豊富な経験を持つ施工技術者が工事を担当。施工から検査・工事完了まで責任をもって施工いたします。

耐震改修リフォーム

突然の地震に耐えられますか?

「昭和56年以前」の建物にお住まいの方は要注意!

耐震性の基準から見た既存住宅の割合

1つでも当てはまる方は要診断です!

  • 昭和56年以前に建てられた家
    1981年6月に建築基準法が改正され、耐震基準が強化されました。1995年の阪神淡路大震災で、1981年以降建てられた建物の被害は少なかったことが報告されています。
  • 軟弱な地盤に建っている建物
    軟弱な地盤は日本中にあります。特に都市部に多く、注意が必要です。軟弱地盤は揺れが大きくなるので、壁量も50%増しにするよう、建築基準法で定められています。
  • オーバーハングした建物
    1階より2階部分が飛び出ている建物や、2階部分を1階の柱だけで支えるピロティー状の建物のことです。不安定な家になりがちですが、実際多く建てられています。
  • 1階に壁が少ない建物
    1階が店舗や車庫、大きな窓などの建物です。壁がないと耐震性の乏しい建物になってしまい、1階部分だけが倒壊という危険性があります。
  • 下屋の大きい建物
    建物は1階と2階の外壁線がそろっていたほうが、構造上安定します。一見、2階が小さく1階が大きい建物は安定感がありそうですが、2階の外壁の下に壁がない場合は問題があり、建物に負担がかかります。
  • 老朽化した建物
    ここでいう老朽化した建物とは、築年数が古いということではありません。土台や柱などが腐ったり、シロアリ被害にあっていたり、雨もりがしていたりと、強度に不安のある建物のことです。

タキナミの耐震改修なら耐震性能2倍!安心安全な暮らし

  • 耐震性能を高めるには
    「バランス」が大切

    どれかを補強すれば安心というわけではありません。全部がバランスよく考えられていることが大切です。

  • 精密な調査

    現在の住宅のどこをどう補強するか精密な調査を行います。不要な柱を取り払い、梁や新たな柱で新たな空間を作り出し、耐震金物や合板で適切な補強を施します。

  • 新築同様の耐震性能

    地震時においては、重い屋根や壁の少ない1階なども不安要素のひとつ。瓦屋根を板金にする、大きな梁を足す、強度の高い壁にする、など一つひとつ丁寧に問題解決することで、新築同様の耐震性能を備えた住宅に生まれ変わるのです。

断熱改修リフォーム

「冬寒く、夏は暑い」という
お悩みはありませんか?

「昭和56年以前」の建物にお住まいの方は要注意!

省エネ基準から見た既存住宅の割合
  • 断熱材が入っていても一般的な施工では
    性能ダウンの可能性が…

  • 自宅でヒートショックが起きやすい場所は浴槽です

    ヒートショックで亡くなる人は、
    交通事故死亡者の5倍!

タキナミの断熱改修なら断熱性能2倍!安心安全な暮らし

  • サーモグラフィによる調査

    サーモグラフィを使って、建物の断熱がどんな状態かを調査し、ビジュアルで提示します。冷気の進入や、暖められた空気がどの部分から逃げていっているかがひと目でわかります。

  • 光熱費シミュレーション
    (プラン契約後提示)

    当社ならではのシステムを使い、光熱費のシミュレーションや、すきま面積の数値を出力します。

  • アクアフォーム+高性能グラスウール+フェノバボード

    建物や住まいの状況によって最適な断熱材をプロが選択いたします。

収納リフォーム

「部屋が片づかない」という
お悩みはありませんか?

タキナミの収納リフォームな収納スペース2倍!お部屋すっきり!

  • リビングにも収納

    家族がいつも集う場所、リビング。しかし、そのリビングに収納が足りないのが一般的です。当社では、リビング収納の工夫により、開放的で居心地のいいリビングを実現します。

  • ウォークイン・クローゼット

    夫婦2人住まいなら、部屋はそれほど多く必要ありません。だから部屋数を減らして、そのまま入れるウォークイン・クローゼットに。たくさんの荷物や衣服が収納でき、取り出しやすい便利なスペースです。

  • キッチンも片付け上手

    調理器具や調味料などが散乱しやすい台所。キッチンが使いにくいと、毎日のお料理も気分が乗りません。片付けやすく取り出しやすいシステムキッチンとシステム収納で、楽しいクッキングを。