建物調査の必要性

  • TOP
  • 建物調査の必要性

建物調査

大切なお住まいに
気になる症状はありますか?

建物調査0円建物に潜む危険調査ってなんで必要なの?

※耐震診断・断熱・省エネ診断は、設計申込後に実施致します。
「調査」というと大げさに聞こえるかもしれませんが、今ある建物をリフォームするのにお住まいの調査は欠かせません。

まずは4種類の建物調査から各調査

  • 床下調査

    床下の基礎や土台の状況、シロアリ被害の有無や湿度・含水率、
    断熱材の状況をチェックします。

    詳しくはこちら
  • 外壁調査

    基礎および外壁のヒビ割れの有無や塗装状況はもちろん窓廻りのシーリング等雨漏れがないかを調査します。
    また基礎レベルを計り沈下がないかチェックします。

    詳しくはこちら
  • 屋根調査

    老朽化による割れや傷み・サビなどを隅々までチェックします。
    また屋根は金額や耐震性能にも大きく影響するため、材料・形状をチェックします。

    詳しくはこちら
  • 小屋裏調査

    建築金物や筋違い、断熱材などの有無と状態を確認。
    また雨漏りが最も表れやすい部分ですので入念にチェックを行います。

    詳しくはこちら

このような調査を行うことで、解体後の追加工事の発生やトラブルを防ぎ、安心安全なお住まいをご提案させていただきます。

調査後の診断ステップ

耐震診断

ひとつでも気になる箇所があったら
今すぐ耐震診断を!

  • 昭和56年以前に
    建てられた家

  • 軟弱な地盤に
    建っている建物

  • 1階が車庫や店舗等
    壁が少ない

  • オーバーハング
    している建物

断熱・省エネ診断

ひとつでも当てはまったら断熱・省エネ診断を!

  • 冬、床が冷たく
    足元が寒い

  • 夏、2階の部屋が
    とても暑い

  • すきま風が
    気になる

  • 冷房や暖房が
    あまり効かない

せっかく工事をしていただいたのに、寒くて、耐震に不安が残るような、住まいにならないようにぜひ耐震・断熱もお考えください。

でも、耐震とか断熱とかしたら、
工事範囲が広がって金額が高くなりそうで心配……。

耐震工事や断熱工事…実はそんなに金額がかわらない!!

たった、約10%しか変わらない!